読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジーと現実の間

目に見えないこころのこと こころと向き合うゆとり世代の生活

感じない、拒否をする

カウンセリング

こないだのカウンセリングで中高のときに同級生から、シカトされた話をして、そのときの情景やなんでそうなったのかについて聞かれたがすごい適当な答え方をしてしまった。

本当の理由はわからない。ただ、わたしが相手にとって怒りをかうような発言をしたからだと思いますとつたえ、申し訳ないなと思ったことをつたえた。カウンセラーさんからは本当にそう思ってる?と確認されたが、本音は伝えられなかった。なんだかカウンセリングの翌日以降ずーっともやもやしていて、昨日は1日の大半を布団の上で過ごしていた。
 
本当は感情を感じたら学校に行けなくなるとおもって、何も感じないようにさせていたんだと思う。解離。だって本当の感情を感じてしまったら学校に行けなくなってた。
この頃から離人感があったし、現実逃避やじぶんの気持ちを拒絶していた。
解離してたからどうにか学校に行ってどうにか卒業できたんだと思う。
 
でも、罪の意識しか感じないし、いつもなにかに追われてる感覚があって、それが、現実を邪魔している。それは、1人でいても周りに人がいても変わらなくて、〜しなくては!〜〜しないとダメだと追い打ちをかける。
 
それは、結局義務になり、なにも楽しくないし、達成感も感じない。
 
今日はどうにか買い物や散歩にいけたけれど、まわりをキョロキョロしながらの散歩は全然リラックスできずに終わった…
 
あー。とりあえず、今を見つめる。
過去を振り返るとフラッシュバックが起きてなんにもやる気がしないのです。
 
掃除、洗濯、料理、今日なんもしてないや。。
 
ご飯もおにぎりしか食べてないからちょっと何か食べないとなぁとなる。
食べたい!ではなくて、食べないとになるから、めんどくさく感じるのかな。