読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジーと現実の間

目に見えないこころのこと こころと向き合うゆとり世代の生活

9割の人とコミュニケーションが通じ合わない理由について

被虐待児だったらしい

親密感がないだとか想像力がない、同調しすぎるとかいろいろ言われた原因の一つでもあるんだけれど、本当にその世界が見える。

理解したくない人はその世界を見るのも怖いから。

9割の人には見えない世界が見える、ほかのひとは狭い世界で生きている。

といわれ、いままでわからなかった違和感がやっとわかった。

 

コミュニケーションが通じないから空気読めないとか、親密感がないだとか、ひとのはなしをきいてないだとか、いろいろな指摘をもらった。

 

でも、わたしは、わかるし、みえる。

 

暗闇の世界も見える。

 

消えたいと感じる世界がわかる。

 

みんながいう、あたりまえが、わたしのあたりまえではないこと。

わたしは、どす黒い世界でいきてきた。

やみ、やみ、やみ、の世界。

 

それが、離人感につながっていたらしい。

 

 

 

捨てたさいふ、拾う少女

自分の靴、履いてる靴

なにいろかな、きれいかな、そのせかいは綺麗かな

 

拾う財布、捨てた少女

自分の靴、履いてる靴

どすぐろいかなぁ そのせかいはきれいかな

 

暗い世界、はみ出る世界、なにいろにうつるかな