読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジーと現実の間

目に見えないこころのこと こころと向き合うゆとり世代の生活

うつ状態なのか境界性パーソナリティ障害だったのか

悩みに悩んでいた専門時代。
文化服装学院に通っていた。
家に金銭的な余裕がないことは理解してたけど、周りが進学や受験という難問に挑戦してても、わたしの胸の内は誰にも話せず自分の人生に失望していた。一時的に嘔吐を繰り返す、首を寝違えまくるなど、この頃からメンタルはおかしかった。
思春期の病かー、中二病的な感じかなーと、捉えていた。
受かったら良いなーという気持ちはあったけれど、経済的な問題もあって親と兄に無理言って一般入試をうけたら、普通に受かってしまった。高校生の頃劣等生だったのにだ。


高3の終わりに彼氏が出来、その彼氏の家が一人暮らしをするので、居候させていただいていた。バイトをしてもばっくれたり、絶望していく中、わたしと彼の関係性も不穏な感じに。

フラッシュバックするのは、必ずセックスする環境だったことだ。それが、耐えられなかったのか、若い先生(文化学生からからそのまま文化に就職した若い先生)とフィーリングがあって、先輩とよく新宿の街を出歩いては、お茶をし、夜な夜な写真を撮るという行動をしだした。

文化祭の準備には顔を出せるのに、朝からの授業に顔を出せなくなっていった。
専門時代、わたしは遊びに遊んでいた。
私はセックスがなくただただ、頭を撫でてくれるその先生のことが気になり始めた。

そして、崩壊へと向かう。

それを自分でもおかしい。なぜ、1番近くにいる人を愛せないのかと、自問自答をしては朝起きれなくなり、朝から学校にいけよ、と叱られ、罵倒されていた。
言ってることは正論だった。
だからこそ、自分を責めていた。普通に出来ない自分を。

そして、決定的なショックな出来事が起きた。

言い合いの喧嘩の末、タンスの中に入っていた洋服を玄関に放り投げられたのだった。

彼の傷つきはものすごかったのだと今になって振り返ることは出来る。

もうこの家から出ていった方が良いなと感じ、距離をとった。存在してはいけないと思ったのだろう。

そしてふと、
私はなにをしてるんだろうと疑問が残り、とりあえず実家に帰った。
泣きながら課題も手につかない学校にも行けない、お金がもったいない、これから、ちゃんと働くと決意を決め母に話をした。

こころが元気であることが1番大切、退学することを後悔しないようにと、言われ退学をした。
時系列はこの辺りバラバラだけれど、

彼の部屋にある荷物をまとめ出ていく夜、
彼は、別れるなら死んでやると言いだした。

本当に死ぬのかな、それは困ってしまうと、
泣きながらセックスをした。

それでも、私は心に決めていた。
出て行かなくては、と。


もう、いっぱい、いっぱい、だったのだ。

お金がない中、専門に通わせてくれたのに、親不孝ものだ、身も心もボロボロになって、実家に帰ったのは本当に情けなかった。

私の感情はおかしい、無くし去りたいと、願っていた。


ブログが唯一の胸の吐き出し場所だった。

その時、検索して、ヒットしたのが
境界性パーソナリティ障害の記事だった。


これは、わたしのことだろうかと、
一心不乱に読み進めていたのだった。